花粉症の治療

一度発症すると完治は難しい「花粉症」。早めの対策で、辛い花粉症からさよならしましょう。副作用の心配のない治療法をご紹介させていただきます。

サイトトップ > 花粉症のしくみ

スポンサードリンク

花粉症の治療

花粉症のしくみ


花粉症の症状がでるまでに、体の中でどのようなことが起こっているのでしょうか。わたしたちの体には、体外から入ってきた異物(抗原)に対抗して体を守ろうという働きがあります。花粉症は体の過剰な防御反応によって起こるものです。


花粉が鼻などの粘膜から体内に入ると、その異物の侵入を感知したマクロファージ(白血球の1つ。外敵を直接食べるもの)が取り込んで食べてしまいます。取り込んだ物質の情報はリンパ球に伝えられて、リンパ球がこの物質を生体に有害な敵だと認識すると、その異物をやっつけるための抗体をつくります。


花粉は体には無害なもの。本来なら抗体をつくりだすことはないはずですが、何度も体内に侵入をするうちに有害なもの(抗原)と勘違いし、抗体をつくってしまうことがあるのです。この抗体(IgE抗体)がいったんつくられると、鼻や目の粘膜にある肥満細胞に結合します。


再度花粉(抗原)が侵入すると、肥満細胞に結合した IgE抗体 がこれに反応し、肥満細胞を興奮させ、ある一定量を超えるとヒスタミンやロイコトルエンなどの化学伝達物質を放出し、外敵の侵入を周りに知らせようとするのです。


ですから、アレルギーの度合いを調べる血液検査では、この IgE抗体 の量をみるのです。多ければ、アレルギー反応を起こしやすいという事です。最近の研究では、この IgE抗体を作る量が遺伝的に関係があることがわかりました。アレルギーは、粘膜だけではなく、IgE抗体 を作る量にも関係があるのです。


花粉症の治療

MENU



スポンサードリンク